アースチューナー128Hz (重し付きチューナー)

アースチューナー128Hz(重し付きチューナー)
アースチューナー 128Hz (重し付きチューナー)  16000円


アースチューナーのアースとは、地球のことです。地球周波数である7.83Hzは有名ですが、振幅の幅を許容すると8Hzとなります。
一般に地球周波数が8Hzと言われるのは、振幅の幅を実際的に考えてのものでしょう。

その8Hzの倍で16、その倍で32、さらに64、そして128Hzとなります。
地球周波数8Hzは128Hzにおいて自然な可聴域となります。自然な可聴域はさらに倍音にあたる、256Hz、その上の512Hzですが、振動として働きかけるのに128Hzが優れています。128Hzには、周期化した地球のイメージが閉じ込められています。

地球の公転は360度ですが365日かかります。これと似て実際の7.83HZの倍音ではなく8Hzの倍音という周期化には、手ごたえのある安心感が得られます。
実際に医療の分野で使用されるのは、昔から128Hzの振動チューナーが多かったのもうなづけます。
医療の現場でどのように128Hzの振動チューナーが使用されたのかの一例は、糖尿病患者の進行具合を調べる際、足の指先などにチューナーを当て、振動をキャッチできるかどうかで判断したのです。

ボディと128Hzは良い関係にあり、単に肉体に働きかける周波数として優れているというよりも、ボディ内にある各チャクラとの融和性があるのが特徴です。

肉体を伴って私たちは生まれてきましたが、その肉体の中に宇宙とも大地ともつながる機能としてのチャクラがあります。チャクラを刺激し、その機能を開くには、周波数及び、自身の倍音による母音発声が有効です。
(実際に声を出さない限り、最終的な解放はありません。わだかまりと理解の最終は、必ず、声を出して達成されます)

このアースチューナーを各チャクラポイントに接触させ、その上で、その振動と一体化させるようにして、母音発声を行うことで、チャクラへの最良の刺激を得ることが可能であり、しかも安全に行えます。
ことに下腹部にあたる、へそ下3センチほどの場所、また、さらに恥骨上にアースチューナーを振動させて置き、振動と一体化するイメージで母音発声を行うことで、素晴らしいグランディングが得られます。




アースチューナー概要
ニチオンとマドモアゼル・愛による共同開発したものですが、初回の限定発売が好評だったため、追加をお求めの方が大勢いらっしゃいましたので、再び作製いたしました。
128Hz 重し付きチューナー
重さ 約100グラム
長さ    縦 約22センチ      最大幅  約3.8 センチ
シリアルナンバー   E50から(E49まではすでに出ています)

ご注意
こちらのチューナーはハンマーは付属しておりません。



ご注文確定後すぐにご注文確認メールが届きます。order@love-ai.jp を受信できますようお願いいたします。
商品発送はお支払い関係確認後、10日以内にお送りさせていただく予定です。


販売価格 16,000円(内税)

カテゴリーから探す

コンテンツ