宇宙の音を聞く 432Hzゴールドチューナー

魂の音のふるさと、本当の基音
432Hzゴールドチューナー  18000円

※ハンマーは別売です チューナー同士を叩いて鳴らすことは危険でもありお勧めできません。MIチューナー専用のハンマーをお求めください


432Hzを聞くと心がなぜか落ち着きます。古い古い魂の音、、、でもそれは色々な不自然な力によって閉ざされてしまった音。

ベルディから始まる昔の本当の基音。この音で音楽が奏でられたなら、私たちの世界には戦争も飢饉も争いも、もしかしたらなくなっていたかもしれない、そんな気持ちを起こさせる、人類の本当の可能性がここにあります。

ベルディの432Hz提唱を、イギリス、アメリカ、そしてなぜかナチスまでが一体となって反対し、440Hzに固着したのか、、、、

人類史の方向に関してそれが重大なものだったからでしょう。
音で人は操作されるのです。なので、基音を何にするかは重要なことなのです。

都市化はアスファルトで地面を固め、自然を遠ざけ、自然が織りなす音をシャットアウトする構造です。

もしかしたら、人工音エリアを増やすために、都市化がすすめられた可能性もあるのかもしれません。それほど、音による支配は構造的で、秘密裡に行われたと思います。

音が人類の方向のすべてを決める可能性を秘めているからです。

それに対して、528Hz、ソルフェジオ音階、444Hz、432Hz、128Hzなどの魂の音があります。それは現代人をギリギリで守る、防波堤の役割を果たすと私は考えるのです。

432にまつわる色々な話し。
432を60倍すると25920となり、歳差が一周する年代とほぼ一緒になります
インドのリグヴェーダの全音節は432000です
北欧神話に出てくる英雄の戦士の数は43200人です
太陽が歳差運動により60分移動するのが4320年です
マヤ歴における4320日は重要な単位となります
ギザの大ピラミッドには北半球の43200分の1の縮図関係があります





販売価格 18,000円(内税)

カテゴリーから探す

コンテンツ