マドモアゼル・愛 公式SHOP

おしゃれゲートル

おしゃれゲートル  4500円  ふくらはぎ&足首ほっそり

ゲートルは軍隊で兵隊さんが着用するものですが、健康にとても良いのです。足には圧がかかりますので、下に落ちる血液を上昇させ、心臓の負担を少なくします。

それと足と足首を劇的に変化させる可能性が高く、これからの夏シーズンに向けて、美しい脚美人になってください。

使い方
ご自宅に帰った際に、足首からゲートルを巻きます。巻き方は写真と説明文、及び映像で確認できます。しゃきっとして脚が驚くほど軽くなるでしょう。そのまま、お休み前まで、もしくはお風呂タイムまでおよそ二時間ほど巻きつけた状態でお過ごしください。

お休み前やお風呂タイムの前には、ゲートルを外しますが、その際にどうしても巻きつけた跡が脚に残ります。これは時間で自然解消しますので安心してください。朝までつけてお休みいただくこともできますが、そうなると出勤時などに脚にゲートルの跡が残ってしまいますので、なるべく前日のお休み前にお取りください。

ただし、明日がお休みで家にいるというような場合は、この限りではありません。

毎日二時間でもゲートルタイムを持つことで、一週間後のご自身の脚をご覧いただき、これまでとの違いがあれば、ご確認ください。夏も近づいています。健康で魅力的な脚美人になってください。

サイズはすべてフリーサイズ  現在発売しているのは、ベージュ色です。ブルーは売り切れました。

ゲートルについて、土橋重隆医学博士とマドモアゼル・愛の対談がありますので、ぜひお読みください。

土橋先生VSマドモアゼル・愛対談 



土橋重隆医学博士に聞く 「復活するゲートル」 



                聞き手 マドモアゼル・愛



         


愛 土橋先生、このたび、美容とおしゃれを兼ねたゲートルを発売することになりました。



ゲートルは現代では完全にすたれており、使用する人もいませんが、実際に使ってみると大変素晴らしいものだという気がします。


土橋 戦争のイメージが残っているからでしょうか、確かに一般的ではありませんが、第一次大戦では、参戦した列強のすべての陸軍で、ゲートルは使われました。


愛 戦争で使われたということは、何か利点があったのでしょうか。


土橋 まず、足元の余分な絡みをなくし、安全を図れる点です。でも、シビアな戦争の最中ですので、それだけで使われたわけではありません。


愛 他に何が理由があったのでしょうか。


土橋 動きやすくする他に、とにかく体にいいんです。下肢を圧迫しますので、うっ血を防ぐことができる。いくら歩いても骨や筋肉がずれなくなるんです。



 人間は午前、午後と時間が立つにつれて、下肢に疲れが出てくる。重力の関係で下肢に血がたまり、うっ血するんです。そうなると、筋肉も骨も定位置からずれる。それが全身にまで影響を及ぼすわけです。


愛 足のむくみや疲れが、夕方にかけて段々とひどくなるのは、そのためなんですね。


土橋 外からガードし、圧迫することで、骨のずれや筋肉が外側に向くのをかなり防ぐことができます。下肢がうっ血しないということは、全身にめぐる血の勢いが衰えないことですから、全身が楽で、心臓への負担が軽減されます。


愛 足のむくみを予防できるとなれば、美容面でも期待できますね。たとえば、脚が細くなるなど。


土橋 むくまない、、、というのは、細いままでいられるということです。


愛 実際、足首が嘘みたいに細くなる人が多いです。毎日使用し続けることで、それもあまり戻らなくなるんです。段々細くなっていく印象が強いです。


土橋 エコノミー症候群は下肢のうっ血で血栓ができて全身にめぐる症状ですが、これは大変危険です。ふくらはぎは血栓をもっとも多くつくるところで、この部位を圧迫し、血流を良くすることで防げます。


愛 ゲートルを使用しているうちに段々と体重が減少したきた、、というモニターがいますが、そういうことは起こりえるのでしょうか。


土橋 それはよくわかりませんが、下肢の血行が良いということは、お風呂で半身浴しているのと同じような効果は期待できます。上部への血行が良くなり、その結果痩せるという可能性は否定できませんね。


愛 半身浴で痩せた人の話しはよく聞きます。それと似たような効果はあるということですね。


土橋 もちろん体質など、人によって違うと思います。誰でも痩せるというわけにはいかないと思いますが、原理的に面白いし、その可能性はあると思います。


愛 ゲートル、、、良いことづくめのようですが、使用する際の注意などはありますか。


土橋 下肢は締め付けても問題ない個所です。ひざ関節周辺を強く締めさえしなければ問題ありません。ひざ関節下には神経が通っている部位があり、そこは避けた方がよいです。


愛 ではゲートルをひざの上の方までしめ過ぎなければ大丈夫ですね。


土橋 ふくらはぎをどんなに締めても問題ありません。歩けなくなるほど締めなければ大丈夫です。


愛 これまでにも、スパッツや美容サポーター、美容タイツ、レギンスなど、足をガードして細くするタイプのものがたくさんありましたが、ゲートルとの違いはあるでしょうか。


土橋 例は悪いですが、焼き豚などを美味しく作るためには、肉を紐で縛ったりしますね。あれは、袋状での圧迫よりも、紐で縛った方が圧迫部位の圧力の変異が得られてエネルギーが入りこむのです。それを体験上でわかってああいう形になったのでしょう。


愛 実際、サポーター類で締めた場合とゲートルでの場合を比べると、明らかな違いがあります。ゲートルの方が足が短時間で細くなりますし、細い状態が取ったあとも長くつづきます。サポーター類は取ったらすぐに戻ってしまいます。これは体験された方にはわかると思います。なので、継続して使うことで、次第に実際に足が細くなってくるわけです。とくに足首の違いには驚きます。


土橋 ゲートルは一周づつ巻いていくわけで、一周ごとの巻き具合が微妙にことなってきて、圧力に微細な変化が出るでしょう。また、自分で巻くことで、意識圧もかかってきます。


愛 周辺圧よりも圧が高ければ、そこにエネルギーが集まるというのは、フリーエネルギー論の要ですね。


土橋 圧迫することでエネルギーが集まるのは、現代科学では理解されていませんが、体験的にわかっており、そうでなければもっとも激しい動作を必要とする軍隊などで使われることはなかったでしょう。


愛 ゲートルを使用する際にひとつだけ不安があります。それは、取った後の肌に残る縛りあとです。数時間できれいに消えるので問題はないのですが、医学的に強く縛った後の肌には、心配な点はあるでしょうか。


土橋 パンツでもゴムでも、肌を縛れば跡が残ります。毎日そうしていても、特に問題になるケースはまれです。足も同様ですので、跡はすぐに消えますし、問題はないです。


愛 外出予定がある場合は外出前の数時間前にゲートルを外しておけばいいわけで、使用時間を考えて使用すければいいわけですね。これで安心しました。


土橋 しかし愛先生もまた面白いところに着眼しましたね。ゲートル、、、確かに美容での復活は納得できますね。O脚も多少はよくなるはずですから、そうなれば身長もわずかながら伸びますし、印象も変わるかなあ、、、まあ、人によりますけどね。


人は疲れたり、年齢を取るにつれて、体が外側に開いてくることが問題なんです。筋肉が骨からずれ、骨も影響を受けてずれてきます。それを物理的に内側に戻すことで、楽になり元気になります。


愛 一日立ちっぱなしとか、夕方になると足がむくみ、つらい、、、という人は若い人にも意外と多いのです。


足首が細くなり、むくみが取れることは、美容はもちろん、日々を魅力的に生きる意味でも大きな気がします。土橋先生、きょうはありがとうございました。


土橋 こちらこそありがとうございました。しかし、エネルギーの法則を本当に理解している愛先生だからこそ、こうした発見ができるんだね。とても面白いです。


 愛 ありがとうございました。



 



                池田山ハウスにて対談



 



価格:4,500円
在庫数 : 0 セット
| ホーム |

カートの中身

商品検索

クレジットカード決済について

お支払方法について

送料について

SHOPマドモアゼル・愛

Copyright c 2005 マドモアゼル・愛 公式SHOP. all rights reserved.